2style.net

お尻の肌トラブルの原因と、お手入れ・ケアの方法やポイント

お尻の肌トラブルの原因と、お手入れ・ケアの方法やポイント 画像1

サメ肌・ブツブツ・黒ずみの原因はこれ

お尻の皮膚がザラザラごわごわしていたり、黒ずみやシミがあったり…ニキビも悩みの種です。これらは、皮膚の新陳代謝のサイクルが乱れていることが原因かもしれません。

皮膚の一番表面にある層が、角質層。角質層の状態が崩れていると、皮膚のバリア機能が低下し、ちょっとした衣服の擦れなどにも過敏に反応してしまいます。

新陳代謝もうまくいかず、シミの元であるメラニン色素がいつまでも皮膚の中に残ってしまったり、古い角層細胞が皮膚表面にはがれかけのままくっついていたり…


新陳代謝サイクルと角質層を整えるなら↓
こちら リボーテスキンケア

日常のちょっとしたポイントを抑えて、お尻の肌トラブルを減らす!

日常のちょっとしたポイントを抑えて、お尻の肌トラブルを減らす! 画像2

お尻や腿の付け根、Vラインは、汗をかきやすいのに通気性が悪く、蒸れやすい環境にあります。

立ったり座ったり歩いたりの際には、衣服と皮膚がこすれてメラニンが生成されてしまいますし、座ると体重がかかり、皮膚が圧迫されます。

これらの蒸れや刺激が、お尻の皮膚の角質層に負担を与え、新陳代謝のサイクルを乱れさせ、皮膚のちからを低下させてしまうのです。

改善ポイントとしては、まず、下着の素材を絹やシルクに変える事。皮膚への負担が軽減されます。

次に、入浴。お湯の温度が高すぎたり、シャワーの水流を直接当てたりするのも、皮膚には負担です。

入浴後は、水分蒸発によって皮膚が乾燥しやすいので、保湿ジェルで潤いを与えてあげると、角質層の状態が整い、新陳代謝サイクルの正常化肌触りが滑らかになるなど、徐々に変化してきます。

お尻の肌スキンケア・お手入れを続けやすく

お尻の肌スキンケア・お手入れを続けやすく 画像3

お尻の皮膚のお手入れジェルは、潤いを保つだけでなく、肌荒れを防ぐことと、肌本来のちからをアップさせることも、同時にできるものを選びたいです。

多機能なオールインワンタイプは、様々な面からお尻の皮膚をトータルでケアできるのに、お手入れの手間は最小限で済みます。

スキンケアは時間が大事。

新陳代謝(ターンオーバー)は通常28日かかると言われていますが、新陳代謝が低下している人の皮膚だと、60日前後など、かなりの期間がかかるのです。

数か月にわたるお手入れを根気強く続けるためには、できるだけ手間を省き簡単に続けられるものでないと、挫折してしまいかねません。

お尻は角質層が分厚くなりがちなので、お尻専用の、分厚い角質層にもしっかり美容成分が浸透するジェルがおすすめです。

手軽にお尻のサメ肌をお手入れ

お尻の万能ジェルで時短ケア

保湿・肌荒れ防止・新陳代謝促進の効果のある成分を含み、かつ、ぷるぷるしているのでマッサージジェルとしても使える。

お尻のトータルケアができる、多機能なスキンケア用品だと、一石二鳥でお尻のお肌のお手入れができます。

高濃度・アルコール無添加で肌に優しい

美容成分が98%と高濃度配合なので、塗りたては少々ベタつきます。

しかし、お尻をマッサージしながら塗り込んでいくと、皮膚になじみ、しっとりとしてきます。

この商品は、化粧品のべたつきを抑えさっぱり感を出すために良く用いられているアルコールを使用していないので、ちょっとベタつき感はありますが、デリケートゾーンにもやさしいです。

お尻の皮膚は、下着や衣服による蒸れ・擦れ、椅子に座った時にかかる圧迫などで、日々ダメージが蓄積されています。新陳代謝が低下し、ターンオーバーのサイクルが乱れて肌のバリア機能が低下したり、皮膚が潤いを保つ事ができず乾燥してしまったりします。

メラニン色素の沈着によるシミ・黒ずみができやすい場所でもあり、ニキビ・吹き出物もできてしまいます。お尻にできたニキビが炎症を起こすと、座るたびにずきっと痛み、日常生活に支障をきたすことも。

ターンオーバーが乱れて古い角質がきちんとはがれていかない状態になると、古い角質が皮膚表面にずっと残ってしまい、角質肥厚の状態になります。この状態だと、新しい角層細胞が表面に出れないので、皮膚のバリア機能は低下しますし、肥厚した角質が毛穴を塞いでしまい、皮脂が詰まってニキビが起こりやすくもなるのです。

お尻のスキンケアにも、顔と同じく乾燥対策が大切です。基礎化粧品を使った保水・保湿ケアで、角質層に保湿成分を浸透させ、うるおいを補給していきます。

皮膚の一番表面にある角質層が潤っていき、状態がよくなっていけば、表面の角層細胞が未熟であったり、古い角層細胞がずっと表面に残ったりすることがなくなっていきます。すると、ターンオーバーも無理なく行われるようになり、新陳代謝がきちんと回るようになります。古い角質が垢となって自然にはがれれば、新しい角層細胞が表面に出れるので、皮膚のガサガサ・ザラザラも改善されますし、本来のバリア機能も発揮されます。

角質層の状態が整うことで、急いで新しい細胞と交代する必要がなくなるので、早すぎるターンオーバーサイクルも落ち着いてきて、きちんと成熟した角層細胞が表面に出れるようにもなり、やはり本来のバリア機能が発揮できるようになります。

顔に化粧水や乳液・クリームなどの基礎化粧品を使ってお手入れするように、お尻にも基礎化粧品を使ったお手入れが効果的です。ただ、顔の皮膚とお尻の皮膚は厚さなど異なるので、顔用の基礎化粧品を使いまわすよりも、お尻用ボディケアを使った方が、効果は出やすいと思います。

お尻の皮膚は、立ち上ったり歩いたりする際の衣服の擦れによる刺激や、座った際の体重の圧迫で、角質が分厚くなりがちです。厚くなった角質層にまできちんと保湿成分を届けるためには、顔の薄い皮膚用では浸透し辛い場合があります。

また、お尻の広い範囲に塗ると、けっこう量を使います。スキンケアは、スポット塗りするための薬以外は、基本的には、気になる部分のみに塗るのではなく、全体に行った方が良いとされています。一部分が乾燥していると、他の乾燥していない部分まで、皮膚が乾燥していると判断してしまい、乾燥肌の症状が全体に出てしまう事があるためです。保湿ケアは、乾燥や荒れ、シミが気になる部分だけでなく、なるべく広い範囲に塗布していくと、肌の状態が向上し効果も実感しやすいです。

ヒアルロン酸は、角質層で水分を保持し、肌の潤いを保ってくれている成分です。このヒアルロン酸を、ナノ化低分子にして浸透しやすくしています。テクノロジー技術でヒアルロン酸の分子量を減らして小さいサイズにしているので、角質に浸透しやすくなっていて、角質層の中から潤してくれるのです。

低分子ヒアルロン酸だけではなく、高分子ヒアルロン酸も配合しており、この高分子成分が皮膚の表面を潤し保湿します。角質層を、表面と内部両方から潤す仕組みなので、角質肥厚を起こし分厚くなってしまった皮膚にも、しっかりと保水・保湿ができるようになっています。

肌にハリを与えるコラーゲン、メラニンの生成を抑える水溶性プラセンタエキスも、ヒアルロン酸と同じく、低分子と高分子両方の成分を配合していて、角質層の表面と内側から保湿していきます。

保湿成分で徹底して保湿していくとともに、抗炎症作用のある有効成分で、炎症を抑えます。角質肥厚によって詰まりやすくなった毛穴が炎症を起こすと、赤ニキビというニキビができてしまい、座るたびにつぶれて痛いといった問題が起こります。グリチルリチン酸は炎症を抑えることで、赤ニキビへの悪化を防ぎます。

できてしまった赤ニキビは、痛みもあるし、治った後も跡となって残ってしまう事があり、とても厄介です。赤ニキビをできる前に予防することはとても有効なケアです。

お尻をマッサージすることによって、リンパの流れを良くし、血行を良くして新陳代謝を促進したり、という効果が望めます。リフトアップマッサージには、マッサージジェルがあると便利なのですが、スキンケアクリームとマッサージジェルのふたつの機能を持ったジェルだと、お手入れがいっぺんにすんで楽です。

マッサージすることで、ジェルが肌によく馴染み、保湿成分が角質層に浸透しやすくなるという効果もあり、短時間で一石二鳥のケアができて手間も負担も軽減され、お手入れをきちんと継続しやすいというメリットがあります。

スキンケアは数か月単位でじっくりとやっていかなければ結果が見えて来づらいです。めんどくさがりでも続けやすいことが、ケアクリーム・ジェルを選ぶ際に、もっとも重要なポイントといえるでしょう。

Copyright © お尻のお手入れ・ケアのやり方 All Rights Reserved.